MENU

特待生制度・支援補助金などについて The System of Scholarship Students

特待生制度

特待生A

対象

次のいずれかの条件を1つでもクリアする者。

  • 入学試験(一次試験)において全受験者の上位20位以内の者
  • 中学校の5教科(国語・社会・数学・理科・英語)評定合計が
    専願受験の場合、22以上の者
    併願受験の場合、23以上の者

内容

諸費用支援

下記諸経費Aを1~3年の3年間支給、上限110万円(入学金20万円を含む)

諸経費 (※) 普通科 国際科 備考
入学金(20万円) A A
制服費、学校制定品費 A A 入学時 オプション品を除く
制服・制定品オプション品購入、
追加購入
A 購入可能品目等詳細は、
対象者に通知
教科書購入費、教材費 A A
ベトナム修学旅行(普通科相当額) A
カナダ語学研修(国際科相当額) A
希望制海外研修費等 A 行き先ごとに上限額を設定
学年諸費、生徒会費 A A
後援会費(入会費・年会費) A A
卒業積立金 A

※諸経費は1~3年で約110万円です。(コースにより差異はあります)
☆特待生Aについては入学後の学業・生活状況によって打ち切りとなる場合があります。

特待生B

対象

次のいずれかの条件を1つでもクリアする者。

  • 入学試験(一次試験)において全受験者の上位21位から上位10%以内の者
  • 中学校の5教科(国語・社会・数学・理科・英語)評定合計が
    専願受験の場合、20以上の者
    併願受験の場合、21以上の者
  • 12月末までに各中学校が実施した実力テストの5教科総合得点において、最新2回のどちらかが学校平均点の1.2倍以上あった者

内容

諸費用支援

下記諸経費Bを1~2年の2年間支給、上限 65万円(入学金20万円を含む)

諸経費 (※) 普通科 国際科 備考
入学金(20万円) B B
制服費、学校制定品費 B B 入学時 オプション品を除く
教科書購入費、教材費 B B
ベトナム修学旅行(普通科相当額) B B
学年諸費、生徒会費 B B

※諸経費は1~2年で約65万円です。(コースにより差異はあります)
☆特待生Bについては入学後の学業・生活状況によって打ち切りとなる場合があります。

特待生C

対象

次のいずれかの条件を1つでもクリアする者。

  • 入学試験(一次試験)において全受験者の上位10%超から15%以内の者
  • 中学校の5教科(国語・社会・数学・理科・英語)評定合計が
    専願受験の場合、18以上の者
    併願受験の場合、19以上の者
  • 12月末までに各中学校が実施した実力テストの5教科総合得点において、最新2回のどちらかが学校平均点の1.1倍以上あった者

内容

入学金 20万円 全額免除

特待生S

対象

次のいずれかの条件を1つでもクリアする者。

  • 入学試験出願までに、実用英語検定(英検)準2級以上または、日本漢字能力検定(漢検)準2級以上を取得している者。
  • 中学時代のクラブ活動等において、本校が認めた都道府県大会で団体4位、個人8位以内に入賞した実績を持つ者。(対象となる大会等については下記参照)

特待生Sの対象となる大会等について

【運動部】
大阪中学校体育連盟主催の大阪府大会で個人8位、団体4位以上
競技名:競技名:陸上競技、水泳競技、サッカー、ラグビー、柔道、剣道、卓球、ソフトテニス、テニス、体操競技、新体操、バドミントン、バレーボール、バスケットボール、ソフトボール、ハンドボール、駅伝
※順位を定めない競技のスキー・野外活動については、活動実績をご相談ください。

【文化部】
グループ表彰種目
合唱:合唱連盟主催関西合唱コンクール出場、NHK学校音楽コンクール近畿大会出場

吹奏楽:吹奏楽連盟主催関西吹奏楽コンクール出場
日本マーチングバトントワリング協会主催マーチングバンド全国大会出場

ダンス:ストリートダンス協会主催日本中学校ダンス部選手権全国大会出場
朝日新聞社主催全日本小中学生ダンスコンクール全国大会出場

【クラブ活動以外】
文部科学省、大阪府等の公的機関が主催する大会、コンクール
例:高松宮杯全日本中学校英語弁論大会、大阪府学生科学賞 等
※上記以外の種目・大会、クラブ活動以外の活動で大阪府で個人8位、団体4位と同等の実績については、お問い合わせください。

内容

諸費用支援

下記諸経費Sを入学時に支給、上限 35万円(入学金20万円を含む)

諸経費 (※) 普通科 国際科 備考
入学金(20万円) S S
制服費、学校制定品費 S S 入学時 オプション品を除く
教科書購入費、教材費 S S 初年度のみ

※諸経費は入学時に約35万円です。(コースにより差異はあります)

就学支援金(国)と授業料支援補助金(大阪府)の支給により授業料は軽減されます。

(2019年度新入生から適用)

就学支援金(国)と授業料支援補助金(大阪府)の支給により授業料は軽減

■就学支援金(国)

資格:親権者の道府県民税所得割額・市町村民税所得割額の合計額が507,000円未満(年収の目安が910万円未満)であること

申請:年2回(4月、7月)

支給:12月

金額:道府県民税所得割額・市町村民税所得割額によりランク(イメージ図参照)あり。

■授業料支援補助金(大阪府)

資格:生徒が国の就学支援金を受給していること
該当年度10月1日において、大阪府内の私立高等学校等のうち知事が指定する就学支援推進校(本校指定済み)に在籍していること
生徒及びその親権者が、大阪府内に在住していること
親権者の道府県民税所得割額・市町村民税所得割額の合計額が418,500円未満(年収の目安が800万円未満)であること

申請:7月頃

金額:道府県民税所得割額・市町村民税所得割額によりランクあり。なお、私立高校・大学などに通う生徒が2人以上いる家庭については、所得により自己負担額を軽減する(イメージ図参照)。

■就学支援金(国)及び 授業料支援補助金(大阪府)の本校の取扱い

就学支援金(国) 及び 授業料支援補助金(大阪府)は、所定授業料を納入していただいた後、支給時に対象者へ還付いたします。

ファミリー特典

入学金の半額免除

対象:本学園設置の高校の卒業生の子女、または本学園設置の諸学校に在籍する者の姉妹

授業料の半額相当額を奨学金として支給

対象:当該生徒の入学時で3人以上の兄弟姉妹が本学園の諸学校に在籍する者
※幼稚園と留学生別科を除きます。