MENU
心を育む学び 心を育む学び

社会に出ても折れない強い心を育む

 生徒に対して「あれをしてあげたい」「こんなこともしてあげたい」、そう考える先生は多いと思います。でも、先生が「あれもこれも」してしまうと、生徒は自分からは「何もしない」「何もできなく」なってしまいます。滝井高校では、生徒会活動・学校行事など多くのイベントを生徒たちが企画・運営しています。また、海外体験や外部での様々な体験を通して、社会で通用する凜とした美しい人を育てています。

『将来の夢』を実現させるための学び

『将来の夢』を実現させるための学び

滝井高校には、みなさんの『将来の夢』に直結した科・コースを設置しています。
また、「将来のことは、これから考える」というあなたのために、全力でサポートします。
今までには考えもしなかった“将来の夢”を見つけましょう。

キャリア探究

夢の実現に向けて、さまざまな実習

すでに『将来の夢』を持っているみなさんには、さまざまな実習を行っています。「グローバル体験プログラム」「大学見学バスツアー」「薬剤師体験」「看護師体験」「大学授業の先取り体験(高大連携授業)」「オーケストラリハーサル見学」「幼稚園・保育園実習」など、各科・コースでは外部と連携した様々な体験プログラムを通して、あなたの夢の実現をサポートします。

自分の考えを分かりやすく話す

有名企業とコラボレーションした「キャリア探究」「企業探究」「課題研究」で プレゼンテーション能力を身につけよう。その他にも、滝井高校では「合同朝礼」などで 全校生徒の前でさまざまな発表をする機会が充実しています。多くの人の前で分かりやすく話すことは とても重要で、将来必ず役に立つ大切な能力です。

あなたは将来、どんな仕事に就きたい?

「そのためには、大学の何学部に進めばいいの?」あなたに秘められた特性を引き出し、 あなたにとって最適の職業を探り、それを実現できる大学・学部を見つけます。 また、分野説明会・学校別説明会・就職説明会など、さまざまな方向から将来を考える進路研究も充実。 大学や専門学校の先生にも来ていただき、さまざまな体験ができます。

海外体験

ベトナム修学旅行(3泊5日・普通科)

アメリカやヨーロッパだけが外国ではありません。そんな中から、親日の国として日本との関係を深めているベトナムを知ることは、将来につながる貴重な体験となります。

カナダ語学研修(16日間・国際科)

2年次に、修学旅行を兼ねた16日間の語学研修を行います。午前中は現地の学校で英語の勉強をし、午後からは野外活動を行います。さらに、1家庭に1人ホームステイするので、異文化体験もできます。国際科最大のイベントです。

ニュージーランド長期留学(半年もしくは1年・国際科希望者)

ホストファミリーの家族の一員として生活し、現地の高等学校に通学しながら、地域の住民となる貴重な経験ができます。さまざまな体験から、異文化に対する理解を深め、広い視野を持った国際人に成長します。もちろん、高校3年間で卒業できます。

ベトナム医療ボランティア(5日間・希望者)

平成31年のお正月に放送されたNHKのドラマ『ベトナムのひかり ~ボクが無償医療を始めた理由~』のモデルとして知られる眼科医・服部匡志先生と共に、助手として患者のケアや目の手術の手伝いをし、実際の海外医療現場でボランティア体験をします。人と人のつながりを実感する大感激のボランティア活動です。

オーストラリア語学研修(2週間・希望者)

ブリスベン近郊の女子校で実際の授業に参加し、ホストファミリーとの生活体験を通して英語を伸ばし、将来の夢の実現につなげます。コアラ保護地区やテーマパークでの野外活動も豊富。

ニュージーランド派遣短期留学(4週間・選抜)

校内で選抜試験を実施し、選ばれた生徒が学校の代表として、学園から奨学金が授与されます。そして派遣留学で、現地の学校の授業を受けたり、ホームステイをしながら異文化体験をすることができます。

UCLA研修(6日間・希望者)

一流大学で、ジェンダーについての講義を受け、視野を広げます。また、ディズニーランド等の観光名所も訪れ、アメリカを満喫!

ケンブリッジ大学研修(1週間・希望者)

大学寮に宿泊し、現地学生との交流を通してグローバルな視点を養います。海外の大学での経験は、世界観・価値観を広げる、あなたの大きなステップとなります。

大阪国際大学との連携での学び

大阪国際大学は、経営経済学部(経営学科,経済学科)、国際教養学部(国際コミュニケーション学科,国際観光学科)、人間科学部(心理コミミュニケーション学科,人間健康学科,スポーツ行動学科)を、同短大部にはライフデザイン総合学科(栄養士コース,キャリアデザインコース,観光・英語コース)、幼児保育学科を設置しており、大学卒業後の就職率も抜群!の「人気の大学」です。

その、人気の大学に滝井高校から内部進学をすると、さまざまな特典があります。

高大連携授業により、高校在学中から大阪国際大学で大学の授業が受けられます。

高校生でありながら、気分はもう大学生!

進学前から安心のフォロー体制 ~学園全体として5年もしくは7年間 指導・育成 ~

大学の学務課、学生支援センター、保健センター、教授陣と滝井高校教員で、連絡協議会を持ち、大学入学前から高大での連携を深めています。だから、安心。

経済的特典について

入学検定料3万円 → 全額免除
入学金
・大学28万円 → 全額免除
・短大25万円 → 全額免除
授業料
(全員)大学・短大 83万円 → 4分の1免除(初年度のみ)
(成績優秀者)授業料の2分の1免除(初年度のみ)
(短期大学部進学後に大阪国際大学へ3年次編入した場合)
授業料4分の1免除(3回生・4回生)

自分たちで何でもできる

自分たちで何でもできる

女子高では、男子に頼らず、自分たちで何でもすることが求められます。
文化祭や体育大会、生徒会やクラブ活動などで、力仕事も含めてさまざまな役割やイベント運営を任されます。
社会で働きはじめたとき「リーダーシップを発揮したり」「積極的に仕事を引き受けたり」して存在感を示すのは女子高出身者が多いのは、
高校時代に自ら考え・判断し・行動することから、自主性と積極性・責任感を培ったからです。

生徒会活動

中学時代は、男女それぞれが協力して運営してきたのではないでしょうか。ところが、女子高である滝井高校においては、運営も自分たちでやらなければなりません。まずビックリすることが、生徒会に立候補する人が多いことです。書記や会計も含めて毎回複数の立候補者が出るので、その積極性に脱帽です。そして、近年の生徒会活動によって新しく決められたことの一つに「スマートフォンの校内持込許可」があります。スマホの持込が必要であることを議題にあげ、全校生の同意を得て、学校の規則を変えたんです。「自分たちが頑張れば、校則も変えられる」そんな積極的な生徒会活動が滝井高校を支えています。

行事運営

みなさんは、「文化祭の目的は?」「体育大会の目的は?」分かりますか。文化祭は、単に「自分たちの活動を発表する」だけではありません。自分たちが行う発表によって「来校者に楽しんでもらうこと」です。体育大会では、「自分が1等賞を取る」のではありません。滝井高校では、学年の壁を超えた4つの団を組み、優勝を目指すのですが、その目的は「みんなで楽しむこと」です。中にはスポーツが苦手な生徒もいるかもしれませんが、そんな生徒も一緒に楽しめる体育大会にすることが目的です。校内で行われるさまざまなイベント・行事に、生徒たちが積極的に携わり、企画・運営をする。それが滝井高校の魅力でもあります。

学校外体験

本校では科・コース別に分かれて、様々な体験をします。しかし、それぞれの科・コースで体験できるイベントについては、科・コースのページで紹介するので、ここでは学校全体としての校外体験イベントを紹介します。学校行事といって思いつくのは遠足ですが、生徒ファーストの滝井高校では、遠足の行き先は「いくつかの候補の中から生徒たちの投票」によって決まります。こんなところにも、生徒の自主性を育む滝井教育の姿勢が表れています。また、他校にはない全校イベントとして「春高バレーの応援」があります。毎年11月に開催される『春高バレー大阪予選』には、学校をあげて全校生徒が応援に行きます。バレーボール部員だけでなく、滝井高校が一つになります。自分一人ではなく「みんなで一緒に」を体験できことは、とても良い経験となります。

発表・プレゼン

滝井高校には、さまざまな行事・イベントがあり、生徒たちが活躍しています。例えば、海外体験であったり、クラブでの活躍であったり、英検や漢検などの資格取得であったり、ボランティア活動であったり。そして、そんな活躍ぶりを、合同朝礼や学年集会などで生徒達の前で発表します。科・コース別の取り組みでも、企業と提携したプレゼンの授業があったり、スピーチコンテストがあったり、舞台創作があったり、とても多くの機会があります。滝井高校には、人前で話をする機会がたくさんあります。そして、相手に伝わるよう「大きな声で分かりやすく話をする経験」は、社会で働くようになったときに必ず役立ちます。