MENU
ニュース

合同朝礼(12/24)

2019.12.24

 皆さん、おはようございます。令和元年もあと1週間を残すだけになりなりました。1年を振り返ってどうでしたでしょうか?
 今年は滝井高校にとっては、創立90周年という記念すべき年でした。生徒の皆さんはそれにふさわしい活躍をしてくれました。バレーボール部がインターハイと春高バレー出場、フェンシング部がインターハイ出場、ダンス部は全国大会、軽音楽部は全国大会とWe Are Sneaker Ages グランプリ大会出場と4つのクラブが全国レベルの大会に出場を決めてしてくれました。これまでにはなかったことです。
 さらには、フェンシング部3年生の寺園さん、2年生の雨宮さん、江木さん、1年生の下地さんの4名が、1月11日から東京で行われる、JOCジュニアオリンピックカップ・フェンシング大会に出場することになりました。将来のオリンピック選手を発掘するための大会ですので、この大会に出場できるだけでもすごいことです。ぜひ頑張ってほしいと思います。
 そして、このあと伝達表彰がありますが、第10回大仏書道大会において、書道部の柴田ななはさんが特別賞の東大寺賞、佐藤綾香さんと小山結生さんが入選しました。小山さんは昨年の知事賞に続いての受賞となりました。
また、大阪府青少年読書感想文コンクールで、3年の山野絢雅さんが入賞、また、国税庁が募集した「税に関する高校生の作文」コンクールで2年生の雨宮珠音さんと宮田華歩さんがそれぞれ入選しました。おめでとうございます。
 このように、部活動だけではなく、様々な分野で生徒の皆さんの活躍が目立ったこの一年でした。本当によく頑張ってくれました。

 さて、今日は「規範意識」について話をします。規範意識とは、社会で決められた法律、規則、マナー(道徳上)などを守るという意識のことです。
 最近、この規範意識が社会全体で低下しているとよく言われています。交通ルールを守らないとか、平気でゴミを路上に捨てるとか、駐輪が禁止されている区域に平気で自転車を止めるとか、電車やバスの車内で大声で携帯電話の通話をしている人など、あげるとキリがありません。特に最近多いのが、不適切な行為のSNSへの投稿です。皆さんは思い当たる事がありませんか。こうした行為は、法令違反であると同時に、周囲の人達への大きな迷惑行為にも当たります。

 この滝井高校について言えば、決められた校則やルールをきちんと守ることができる規範意識の高い人が多いのですが、ごく一部ですが、携帯電話の利用ルールなど校則をきちんと守れない人、授業中に私語をする人、掃除をさぼる人などがいます。そうした行為を平気でする人は、物事の善し悪しを判断できないだけではなく、周りへの思いやりのない自分勝手な人だと言えます。人に迷惑をかけないように心がける、つまり相手への思いやりや感謝の気持ちがあれば、自然と規範意識が高くなります。いつも皆さんに言っている「時を守り、場を清め、礼を正す」という精神はまさに規範意識のことなのです。皆さんは、「小笠原流礼法」を学んでいるわけですから、「美しい所作」という外面だけでなく、「人に対する思いやりのある優しい気持ち」という内面についても是非磨いてください。
 このあと、枚方サポートセンターの方から、年末年始を控えて、特に高校生に気をつけてほしいこと、特に、SNS、JKビジネス、薬物使用などについてお話をしていただきます。「覆水盆に帰らず」です。しっかりお話を聞いて、事件やトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

 3年生の皆さんはあと2ヶ月で卒業です。すでに進路が決まった人も多いと聞いていますが、まだまだこれから受験を控えた人もいます。自分の進路が決まった人は、これから受験に向けて頑張ろうとしている周りの人のこともよく考えて行動してください。そして、残り少ない高校生活を最後まで悔いのないように、一日一日を大切に過ごしてください。
 1,2年生の皆さんは、カルタ大会、コーラス大会、マラソン大会と年明けに行事が続きます。すべてに全力を尽くして自分たちの納得のいく結果を残してほしいと思います。
 
 いよいよ明日から冬休みです。今年はインフルエンザが例年になく早い時期に流行し始めています。体に気を付けて充実した冬休みを過ごしてください。そして、1月8日には皆さん全員と元気な姿で会えることを楽しみにしています。
 I wish you a Merry Christmas and a Happy New Year.