MENU
滝井の人

芝野翔也

2019.10.17


皆さんこんにちは!
地歴公民科の芝野です。今年でまだ27歳(ピチピチ)の私ですが、今回は皆さんに私の学生時代の話を紹介します!


部活動はずっと野球をしてきて、趣味と呼べるのは写真を撮ることと、バイクに乗ることくらい。将来やりたいことも明確ではなかった私ですが、大学に入学したときに決めたことが1つだけありました。それが「1人で海外に行ってみる」ということでした。


「1度で良いから海外へ行ってみたい」「綺麗な景色を見たい」「どんな人なのか会ってみたい」「1人で何かをしてみたい」と、きっかけも沢山あるのですが、やはり、テレビや雑誌、ネットで知った海外に、実際に行ってみたいという好奇心が大きかったです。


「よし、本当にやってみよう!」と決めてからは毎日が充実していたのを覚えています。大学に行き、アルバイトをし、帰ってきたら世界地図の上に行ってみたいと思う国をマークして・・・。なんだか楽しそうに思いませんか?そしていよいよ、大学3回生の時に1年間休学をし、1年間の1人旅へ出発!!

ケニアの小学校でサッカーを教えてました!
ケニアの小学校でサッカーを教えてました!
線で繫ぐとこんな感じ!
線で繫ぐとこんな感じ!
ちょっと汚いけどテントの中身。狭っ!
ちょっと汚いけどテントの中身。狭っ!



タイ・ラオス・カンボジア~インド・バングラデシュ~ヨルダン・イスラエル・パレスチナ・エジプト・スーダン・エチオピア・ケニア・ウガンダ・南スーダン・ルワンダ・タンザニア・マラウイ・ザンビア・ジンバブエ・モザンビーク・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ~アルゼンチン・パラグアイ・ボリビア・チリ・ペルー・エクアドル・コロンビア~アメリカ 【 “・”は陸路で移動し、“~”は飛行機で移動 】


全31ヶ国。1ヶ月いた国もあれば、3日だけという国もあります。なかでも、アフリカには合計7ヶ月いましたが、お金もないためテント生活をしていました。持って行った荷物もテントと寝袋と着替えとカメラと貴重品程度。楽しかったこと、苦しかったこと、挙げればきりがないのですが、1年間思う存分楽しんで帰ってきました!印象に残っている景色を3枚だけ載せておきますね!

ボリビアのウユニ塩湖
ボリビアのウユニ塩湖
タンザニアのキリマンジャロの山頂から
タンザニアのキリマンジャロの山頂から
エチオピアのダナキル砂漠
エチオピアのダナキル砂漠


さて、海外での旅を通して私が皆さんに伝えたいことは2つあります。1つ目は「やりたいことに正直になる」ということです。自分が小さかった時のことを思い出してみて下さい。無邪気に「歌手になりたい!」「プリキュアになりたい!」と自分がカッコイイと思ったものに対して純粋に憧れを抱いていたのではないでしょうか。しかし、それが大人になっていくと「どうせ私には無理だ」「私にはできない」と、ついつい自分の可能性を否定しがちになってしまいます。年齢を重ねると、必ずしもやりたいと思っていることをできるとは限りませんが、特に皆さんのように若い頃は、もっと自分のやりたいことに正直になれば良いと思います。


2つ目は、「やりたいことを実現するために、何をしなければならないかを考える」ということです。私の場合、海外に行くには休学できるタイミングもあり、3回生からしかありませんでした。大学に入学してから3年目、つまり、準備できるのは2年間でした。ということは、2年間で英語を勉強しないと!2年間でアルバイトをし、お金を貯めないと!と、それまでにやるべきことも明確になりました。やりたいことを見つけるのも大切ですが、そのために何をしなければならないのかを考えないと、いつまで経っても実現できないと思います。あとで「あ~本当はやりたかったのにな~」なんてカッコ悪いことを言わないように、実現するための計画をしっかり立てましょう!




最後に、「世界」は皆さんが思っている以上におもしろい。そんな世界へ羽ばたいていける力強さを、ぜひ滝井高校で身につけていきましょう!では、次の人にバトンターーーッチ!!

マラウイの子どもたち。手にはおやつの青マンゴー
マラウイの子どもたち。手にはおやつの青マンゴー
バングラデシュのバナナ売り
バングラデシュのバナナ売り
インドのガンジス川にて
インドのガンジス川にて