MENU
滝井通信
クラブ活動

合同朝礼校長あいさつ と インターハイ出場壮行式 等(7/1)

2019.07.01

 みなさんおはようございます。
 

 先週末はG20の影響で、臨時休校になりましたが、皆さんはどのように過ごしましたか。世界各国の代表者がこれだけ多く大阪に集まるのは初めてのことでしたが、いろいろなニュースでその目的や話し合われた内容などが報じられていました。その中で、私たちにも一番身近な問題として、プラスチックごみの問題がとりあげられていました。プラスチックは軽くて丈夫で加工がしやすく耐水性もある、とても便利でしかも安価な素材です。その一方で、ペットボトルやレジ袋、食品トレーやストローなど一度利用されただけで捨てられてしまう「使い捨て用」に使われることの多いパッケージ用のプラスチック生産が、プラスチックごみの量を増やすのに大きく影響しています。そうしたプラスティックごみがいったん海に入り込むと、海洋生物や海の環境にとても長い間影響を与えることになります。一人当たりのプラスティックごみの発生量が、日本はアメリカに次いで2番目に多いのだそうです。今回のG20では、2050年までに海洋プラスティックごみをゼロにする取り組みを行うことで合意したとのことです。今からでも私たちにできることは、エコバッグやマイボトルなどを持ち歩くことで、少しでもプラスティックごみの発生を減らすことです。一人一人が意識してこの問題に取り組むことで、将来の地球環境を守ることができるのです。ぜひ皆さんも実践しましょう。

 

 次に、クラブの活躍の話題です。

 まず、バレーボール部がインターハイ予選で2位となり、7月末に宮崎県で行われるインターハイに大阪代表として出場することになりました。バレー部の皆さん本当におめでとう。本校の保護者、生徒、教職員の皆さんだけでなく、卒業生の皆さん、岡山シーガルズや大和田中学校の皆さんなど、会場内で一番多くの応援団が声援を送ってくださいました。コート内の選手の皆さんに大きな力となったと思います。本当にありがたいことです。

次にフェンシングです。個人エペの部の雨宮さんに続いて、個人フルーレの部で寺園さんが大阪府予選2位となりインターハイ出場を果たしてくれました。フェンシングの大会は7月末に鹿児島県で行われます。

このあと壮行会がありますが、みんなでインターハイでの活躍を祈りたいと思います。

 もう一つ、前回の合同朝礼で紹介した軽音楽部ですが、6月9日の日曜日に大阪城音楽堂で全国高等学校軽音フェスティバルに出場し、すばらしい演奏を見せてくれました。出場31校の最後の出番で、演奏中は会場と一体となってすごい盛り上がりでした。さすがに、全国大会だけあって出場校はいずれも非常にレベルの高い演奏と舞台パフォーマンスでした。残念ながら本大会での入賞はできませんでしたが、この全国の舞台に立てるだけでもすばらしいことです。来年はさらに上をめざして頑張ってほしいと思います。

 

 次の話題は母校訪問です。

 先日、保護者懇談の期間を利用して、1年生の皆さんが母校訪問に行ってきました。久しぶりに中学校の先生方と出会って、きっとお褒めの言葉や励ましの言葉をたくさんもらったことでしょう。中学校の先生方からも、「わずか2か月余りの間に、礼儀正しく成長した姿がみられ驚きました」とか、「元気に楽しく充実した高校生活を送っている様子で安心しました」などお褒めの言葉をたくさんいただきました。私も5月から皆さんの出身中学校を訪問し、校長先生とお話をしましたが、通学の様子や卒業式の様子などきちんとしつけられていることをほめていただき、とてもうれしく感じています。ぜひ皆さんも先輩方が築いた「凛とした美しい滝井」の伝統を受け継いでほしいと思います。

 

 来週は7月考査です。多くの人は今日から一週間前になります。気持ちよく夏休みが迎えられるように、しっかり準備をしてテストに臨みましょう。

                   ◇

校長先生からの挨拶に続けて、クラブ活動の表彰、短期留学の報告がありました。
 

そして、合同朝礼終了後に引き続き、バレーボール部・フェンシング部の『インターハイ出場壮行式』が行われました。

 

校長・後援会会長・撫子会会長・そして生徒会会長より「チームワークで頑張って」「体調を崩さないように」「現地に行けなくても、大阪から応援しています」と励ましの言葉があり、バレーボール・フェンシング部の代表から決意表明の挨拶がありました。
 

インターハイは、7月24日からスタートです。力いっぱい頑張ってきます。

応援、よろしくお願いいたします。