MENU
滝井通信
普通科:看護進学コース

関西医科大学看護学部 オープンキャンパス参加 (1年B組22名 関西医科大学)

2019.07.31

2019年7月27日(土)、1年生の看護進学コース22人が、関西医科大学 看護学部のオープンスクールに参加しました。
 
オープンキャンパスの受付を済ませ、11:00から看護学部棟にて、模擬講義を受けました。今の日本は、「生まない選択が認められて」いて、結果的に出生率の低下に繋がっていること、35歳からが高齢出産となること、妊娠初期の流産の原因は、赤ちゃん自体に生きる力が不足していることが主な原因であることなどを知りました、また発展途上国では、お産での死亡が女性の死因のトップであるなどショッキングなお話もありました。
 
 次に体験コーナーで、学生さんによる血圧測定や、高齢者疑似体験、そして赤ちゃん沐浴体験をさせていただきました。

高齢者になると動かさないと体はどんどん動かなくなります。背中がかゆい時は不便ですね。
高齢者になると動かさないと体はどんどん動かなくなります。背中がかゆい時は不便ですね。
高齢者の見え方もかなり違うようです。
高齢者の見え方もかなり違うようです。

いよいよ赤ちゃん沐浴体験。少々硬い表情の人もいましたが、手の動きを見ていると、本物の赤ちゃんにみえてくるほど、やさしい動きの人もいました。指導して下さった看護師さんによると、弟や妹がいて、お手伝いしたことのある人はとても上手なのだそうです。

お待ちかねの赤ちゃんコーナー。嬉しくてたまりません。
お待ちかねの赤ちゃんコーナー。嬉しくてたまりません。

台風の影響で、あいにくのお天気だったため集合写真は取れませんでしたが、ほぼ全員が赤ちゃん沐浴体験をし、食堂で定食ランチを楽しんで帰途につきました。

関西医科大学の皆さん、ありがとうございました。