MENU
滝井の人

岡田 哲

2015.08.23

数学科 教員

 社会に出て何か問題に出くわした時、どのようにして解決すれば良いのでしょう。その場にあるいろいろな条件を利用して、解決に至る方法を見つけ出さねばなりません。難しい数学の公式を使うことではなく、どのようにすれば出来るようになるかを考えることが数学であり、そのために数学を学ぶのだと思います。数学は考え方を自分で気付く、発見することで興味も湧き、実力もつくものです。「Find a way(方法を見つけよ)」どこまで自力で解法を思いつくか、いくつの解法を見つけられるか、そのような観点も、もちながらの授業を心がけています。数学の基礎から大学受験まで、長い道のりですが、一歩一歩進歩する自分を感じながら一緒にがんばりましょう。